GALLERY -1


  シエスタの夢 (SIESTA)

 
眩暈のする暑さの中、どれくらい歩き続けていたのだろう。
 
大聖堂に頭を垂れ、遠い昔の武人達が力を誇示するかのごとく腰をおとすアルカサルに驚嘆し、迷路のような路地ではすれ違う人々が、逆光の中で光る石畳の上に濃い影をおとすのを僕の目は時間を忘れて定着させていた。

気がつくと人影が消えている。シエスタの時間……ミネラルウオーターをガブ飲みする。日陰をみつけて、また乾ききった喉に流し込む。陽炎立つ中疲れた体を引き擦るように僕も薄汚れた安宿へ。そして死んだように眠る。視覚に定着された光景が夢の中で撹拌され、不思議な景色をつくりだす。

数百年、千年前、栄華を誇ったもの達が今、過去の栄華を懐かしむかのように発酵した深いため息をついていた。 

スライドショーになっています。

GALLERY -2


森の扉

 

眩いばかりの新緑の森・・・
 冬の沈黙からの目覚めの季節。
  “彼等”は静かに森の扉をあけ、
    太陽に向かってその両手を広げる。
 
彼等の住処に紛れ込んだこの僕に、
    森は優しく息を吹きかけた。

 

スライドショーになっています。

GALLERY -3


カシミール夢紀行

 
カシミールの夢をよく見る。インド北部カシミール・・・
最初に訪れたのはもうかれこれ35年前になる。二十代半ばだった。はじめて訪れた土地なのにまるで故郷に帰ったような感慨にとらわれた。その後も何かに導かれるように、僕は何度か帰郷した。でも夢で見るカシミールは、あの眩しかった風景や優しき回教徒たちの笑顔が目の前から消えていこうするのを僕は何も出来ず、ただ立ち尽くしているだけ。
 
以前から続く印パ対立の構図。宗教対立からの分離独立の動き。争いの渦の中、僕はカシミールへの帰郷を長らく果たしていない。カシミールへの愛おしさと、何も出来ずにいる焦燥との間で揺れる心が夢の中で混じり合う。カシミールに平穏な暮らしが訪れることを願いながら、今、僕の中にあるカシミールを吐き出してみた。

スライドショーになっています。

GALLERY - 4


 Melancolia
 
「滅びの美、風の刻印・・・」

 
スライドショーになっています。

GALLERY - 5


KOMOREBI

 
疲れ深くいよいよ煮詰まった時、決まって“すいば”であるこの森に入る。ちなみに“すいば”とは、昨今ほとんど使わなくなったが、当地の方言で「自分だけの特別な場所」「誰にも教えたくない秘密の場所」という意味の言葉である。
 
此処は若葉の季節が特に良い。ほとんど人とすれ違うこともなく、木漏れ陽射す新緑の森に僕一人。これ以上の贅沢はない。目覚めの木々見上げる僕に降る注ぐ光の粒子。凝り固まっていた心と身体が、木漏れ陽の中で柔らかく解れていく。

スライドショーになっています。 

 

INSTAGRAM

kiyotsugu_tsukuma


CONTACT


tsukuma@nifty.com