Hospital Art


写真家 津熊清嗣 癒しの世界
 
ホスピタルアートとしてのご提案
長年に渡り、両親の介護に向き合ってまいりました。父を見送り、そして先般、十数年床に伏せる母を見送りました。その間にも両親は入退院を繰り返し、病院に添う日々を過ごしてまいりました。その中で強く感じたことがあります。あまりにも殺風景な病院の待合室や診察室を目にすることがよくありました。また検査に向かう無機質な通路、入院患者さんが不安を抱えながら寝起きされる病室そして病棟。どれだけ医療が日進月歩で進歩しようとも何かを置き忘れているような気がしてなりません。不安を抱え来院され、また入院されている患者様、そして張りつめた気持ちで患者様に添われるご家族に少しでも穏やかな気持ちになっていただきたいと願うばかりです。
 
私の拙い作品達が癒しの空間作りのお手伝いが出来るとすれば、これほど嬉しいことはありません。
 
 
津熊清嗣写真事務所 / Kiyotsugu Tsukuma Photography
津熊清嗣(日本写真協会 会員)
 
 
展示イメージ
 
 
作品Sample
 
 
 
 
 

INSTAGRAM

kiyotsugu_tsukuma


CONTACT


tsukuma@nifty.com